You are using Internet Explorer 11 or earlier, this browser is no longer supported by this website. We suggest to use a modern browser.

ティッセン・クルップ ベアリングの高精度用途

高精度用途に関連する産業

高精度用途

工作機械および製造技術

工作機械には2つのカテゴリがあります。これらは、作業機械であり、同時に、工具、設備、計測および検査機器とともに運用する材料でもあります。このタイプの最も重要な代表例は、旋盤とフライス盤です。ティッセン・クルップ ローテエルデのローテ・エルデ®旋回ベアリングは、メイン加工シャフトのベアリングとして使用されています。これには、極めて高いレベルの同芯特性が求められます。

医療技術

ティッセン・クルップのベアリングは、医療用大型機器に加え、X線や治療機器への非磁性素材の使用等の特殊ソリューションも含まれます。

応用分野へ

航空宇宙産業

航空宇宙産業では、完璧な精度が重要です。これには、高負荷と温度変動に耐える構造が必要となります。

アンテナおよび望遠鏡

望遠鏡は、宇宙探査の目的で、遠くの物体を観察するために使用されます。衛星や宇宙デブリを監視するだけでなく、地球を測定する役割も果たします。アンテナは、最大で1,000キロ以上も離れた物体を検出、認識および追跡するために使用されます。この作業は、いかなる気象条件でも非常に高い精度と信頼性が必要となります。

軍事技術

軍事技術は、私たちの国と同盟国の安全を保証します。軍事用機器は、陸、海、そして空で使用されます。つまり、それらの機器は極限に近い条件下で、世界のあらゆる気候域において高い信頼性で機能する必要があります。当社のベアリングは、装甲車のような重機だけでなく、デリケートな光学機器においても使用されています。