You are using Internet Explorer 11 or earlier, this browser is no longer supported by this website. We suggest to use a modern browser.

コンプライアンス

コンプライアンス: ティッセン・クルップ ベアリング

心構えの問題

コンプライアンス - これは当社における良好な企業活動の根幹をなすものです。それは法律の遵守のみならず、はるかに大きな意味を持ちます。コンプライアンスは、当社にとっては心構えの問題なのです。これは、ティッセン・クルップ ベアリングで働く私たちすべてに関係します。毎日。どこにいてもです。

頼りがい、正直さ、信用性および誠実さといった価値は、当社にとっては単なる標語ではなく、当社の社風として引き継がれてきたものです。その要件は、すでに当社の戦略的コンプライアンス措置の開発において重視され、全世界共通の文化として全社員(特に経営陣)によって支持され、一貫して行動に反省される必要があります。

明文化された価値規範は、当社の企業文化において不可欠な要素です。ティッセン・クルップ ベアリングのグループ指針には、この価値を重視した協力関係が強調されています。

この明確なコミットメントは、特に汚職防止およびアンチトラストの分野において、行動規範や様々なグループガイドラインによって補完されています。

懸念事項の報告

懸念事項の報告

厳粛な告発により、不正を早い段階で是正し、会社、社員およびビジネスパートナーへの損害を軽減することができます。そのため、当社では、独占禁止法、汚職やマネーロンダリングに関する違反を(希望する場合は匿名で)報告するための複数の方法を提供しています。ティッセン・クルップ ベアリングの全社員だけでなく、顧客、サプライヤー、その他の第三者でも使用することができます。

ティッセン・クルップ ベアリングと本社コンプライアンス部門が、内部告発者の利益を守るのは、この保護された内部告発制度を通してのみではありません。ここでも、報告内容は機密扱いされ、誠実な内部告発者を報告によって発生する可能性のある不利益に対し、あらゆる手段によって保護することが約束されます。

しかし、報告の調査中においては、その対象となる方の保護も考慮されます。人に対する疑惑と非難は深刻な結果を伴う場合があることをご了承ください。そのため、内部告発システムは責任をもって使用するようにお願いいたします。

懸念事項の報告

行動規範

行動規範

尊敬の念と協力に基づく協力関係、そして社会的責任の明確な認識が、当社の長期的な成功の基礎となります。

ティッセン・クルップ ベアリングではこのような理解には、すでに長い伝統があります。当社は、機会の平等と現地の基準に則した報酬は当然のこととして尊重します。報酬と社会保障費を含むその他の支払いは、少なくとも現地国や地域の法定基準や現地の産業分野のレベルに相当するものとします。これには、例えば企業年金や医療補助なども含まれます。

また、ティッセン・クルップ ベアリングは、国連グローバル・コンパクトにコミットし、「国連世界人権宣言の原則」と「国際労働機関(ILO)の中核的労働基準」の準拠に努めています。

ビジネスパートナーと公衆に対する私たちの行動、そしてその態度に関する原則と基本ルールは、行動規範に要約されています。これが、従業員、管理職および取締役のすべてに次のテーマに関するガイドラインを提供します。法規制の遵守、利害の衝突の回避、公正な競争、マネーロンダリングの防止、平等な待遇と非差別、人間と労働者の権利、従業員代表との協力、職場での健康と安全、持続可能な環境と気候保護、寄付、ロビー活動、公共での立ち振る舞いと発言、報告義務、業務上の機密情報/インサイダー情報、データ保護と情報セキュリティ、会社の資産を保護。